Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c2647470/public_html/taiyoumitsumori.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
発電量 | いいんちょのブログ!

発電量

スポンサーリンク
太陽光発電のあれこれ

太陽光モジュールの洗浄は必要なのか?出力低下と補償のはなし

通常考えられる程度の汚れが原因の発電量の低下はせいぜい3~5%程度と言われており、洗浄で使う費用の回収が見込めない。モジュールのガラス面は各メーカーそれぞれの工夫がなされており、ブラシなどでこすると厳密にいえば機器保証の対象から外れてしまう。
見積もりの見かた

発電シミュレーションを自分でやってみよう

太陽光発電の見積もりを取ると必ず?ついてくる「発電シミュレーション」ですが、各社、さまざまなスタイルで作成しています。販売会社の自社のフォーマットで見やすく統一しているところもあれば、太陽光メーカーの見積もりシステムから出力されるシミュレーションをそのまま添付してくる会社もあります。
太陽光発電のあれこれ

県庁所在地 発電量ランキング 2020年5月時点 発表!!

「自分の住んでいる県は日射量が少ないから…太陽光は付けても無駄だよ」というのはよく聞くフレーズなのですが、本当にそうなのでしょうか? まずは、各県の県庁所在地での1年間での発電量を確認してみましょう。 Panasonic製250Wの単結晶HITモジュールVBHN250SJ33 ×20枚 方角は真南向きで、勾配は30度 。この条件で比べてみます。
太陽光発電のあれこれ

結論。太陽光パネルの変換効率は重要ではない

変換効率は限られた面積で発電できる最大値と言い換られるもので、逆に言うと面積が限られていないのなら拘る必要がないのでは?変換効率の高い「高価なモジュール」も「普通のモジュール」も出力が同じなら発電する電力を同じになる。費用対効果で考えてみましょう。
太陽光発電のあれこれ

売電のしくみ

住宅用太陽光発電システムを設置するメリットとしてもっとも有名なのが「売電」とよばれるものになるでしょう。太陽光からの電力が消費量を上回ると、電気は通常の逆方向=電柱側に流れていきます。これを逆潮流と言い「売電が行われている状態」となります。
見積もりの見かた

太陽光発電システムを構成する機器のご案内

太陽光発電システムの見積りを比べるためには、最低限の構成機器について簡単でもいいので知っておかねばならないと思います。必須ではない機器もありますが効果的に使い続けるためにはあったほうがよいものも。見た目の見積もりを安くするために省略されているかも…
スポンサーリンク